羊プラセンタの製品一覧

羊プラセンタの特徴

羊プラセンタはアミノ酸組成が人間の物にかなり近いと言われており、免疫反応が少ないのが特徴。
国内生産は2001年のBSE騒動の際に生産中止になりましたが輸入品なら入手可能です。
ただBSE騒動の煽りを食らって、羊原料の使用が日本国内では制限されており、豚や馬プラセンタに比べて日本国内での製品数はそんなに多くありません。

プラセンタ製品としてはBSEの発生が一度も無いニュージーランド産が人気商品となっています。

羊プラセンタを使用した製品

以下は当サイトが厳選した羊由来プラセンタの製品の一覧を紹介しています。
各製品の詳細については「詳細を見る」をクリックして下さい。


最新のレビュー記事はこちら

北海道産サラブレッドプラセンタ使用の「MAJOPLA 馬プラセンタ5250」を元サプリ販売員が徹底レビュー

元々はECサイトの運用、そしてWebサイト関連サービスを提供していた株式会社カスタマが自社オリジナルブランドとして開発したのがこの「魔女プラ」シリーズのプラセンタサプリメント。 この「MAJOPLA 馬プラセンタ5250」の発売は2012年の2月なのでそれなりに歴史のあるプラセンタサプリメントです。 プラセンタエキスは北海道産のサラブレッド由来の物を使用しており、1日分(3粒)に210mgが含まれています。 その他にも8つの美容成分が含まれており、プラセンタエキスを含んだ総合美容サプリメントという位置づけですね。

ページ上部へ戻る