セルセラプレミアムの口コミレビュー:半額購入の方法は?

大好評だったトライアルセット(お試しセット)が再発売になりました。

2019年1月に販売終了した20日分40粒のトライアルセット(お試しセット)が再発売になりました!
前回よりも値段はアップ(公式サイト価格では20日分40粒9,720円)しましたが、当サイト経由での購入だと半額の4,860円で購入が可能です。
※トライアルセットは初回購入限定です。

標準価格ですと21,380円(30日分:1日あたり712円)ですが、当サイト経由で購入出来るトライアルセットは20日分で1日あたり243円というチャレンジしやすい金額になっています。

しかも全額返金制度は適用されますので、まだこのセルセラプレミアムをお試しでない方はぜひ下記のリンクから公式サイトを訪れて情報をチェックしてみて下さい。

mf03羊プラセンタサプリメントは今では日本産の物はありません。
BSE騒動の際に日本での羊プラセンタサプリメントの生産が出来なくなったためです。
元々は2MF3(MFIII:2004年発売)として販売されていたこのサプリメントですが、2014年に「CELL CELLAR」として生まれ変わりました。
その際にプラセンタエキスの量がアップされていますが2017年5月にリニューアルして「CELL CELLAR PREMIUM(セルセラ・プレミアム)」と製品名が変わり、含有量もアップして1日分440mgの含有量になっています。
そしてこの度2019年7月1日よりサイタイエキスがプラスされて再度リニューアルされました。
プラセンタエキス含有量も1日分450mgに増量されてまさにプレミアムの名を突き進む感じがあります。

1日分22,500mg(原末換算で450mg)という圧倒的含有量を実現している羊プラセンタのみのサプリメントはこのセルセラプレミアムだけです。
ヒトのアミノ酸組成に最も似ているが故に免疫反応が少ないと言われている羊プラセンタですが、累積1000万箱の販売実績を誇って今も継続して販売されている秘密はこうした製品のブラッシュアップを重ねているからこそです。

全国のエステサロンや高級ホテル・百貨店でも取り扱われているこのセルセラプレミアムですが、現在は30日分(60粒)で標準価格21,380円(税込・送料無料)で販売されていますが、2箱セット(41,040円【1.720円オフ】)、3箱セット(56,160円【5,820円オフ】)、6箱セット(99,600円【28,680円オフ】)、12箱セット(189,000円【67,560円オフ】)のセット販売が最もお得です。
また、初回が15,000円、2回目以降が16,500円(定価の23%オフ)の定期購入コースもあります。

これより以下は個人的なレビューを含んでいます。

  1. 2019年7月の製品リニューアルの詳細
  2. 元サプリ販売員から見たこの製品のレビュー・評価
  3. CELL CELLAR(セルセラ)のネット上での口コミ・評価
  4. CELL CELLAR(セルセラ)の製品特徴
  5. CELL CELLAR(セルセラ)をお試し、そして安く買うには?

2019年7月の製品リニューアルの詳細

臍帯(サイタイ)エキス配合が実現しました

最近では馬プラセンタ製品で多く見られた「臍帯(サイタイ)エキス」配合のリニューアルですが、セルセラプレミアムでも今回これを取り入れたリニューアルを行いました。
サイタイエキスはプラセンタエキスに比べて浸透して効果を発揮するまでは時間がかかる、という事が最近の研究でわかっています。
また、その際の研究結果でプラセンタエキスと組み合わせる事で細胞増殖の相乗効果が得られたというデータも取れています。(化粧品成分オンラインの「サイタイエキス」ページ
なので、最近の馬プラセンタサプリメントに取り入れられる事が多かったのですが、今回は羊のサイタイエキス配合って事ですので正直効果は未知数かもしれません。
しかし、もしこれが馬プラセンタとサイタイエキスと同じ様な相乗効果を発揮するとなると期待が高まりますね。

プラセンタ含有量が1日分22,500mg(原末換算)450mgにアップしました

リニューアル前はプラセンタエキス含有量が1粒20,000mg(原末換算で400mg)だったセルセラですが、前回2015年のリニューアルで1日分22,000mg(原末換算で440mg)にアップしました。
今回の2019年7月のリニューアルではそこからさらに22,500mg(原末換算で450mg)にアップしました。
こうして最新のトレンドを加えつつ、短いスパンでリニューアルする姿勢はすごく評価出来ますね。

公式サイト上に書かれているのは2017年のリニューアルの際に新たに「アムニオン(羊膜)」が成分に加わってSHPプラセンタという物に進化したそうです。
羊膜は赤ちゃんと羊水腔を包んでいる膜のことで、その部分にはより多くの成長因子(グロースファクター)が含まれているという事から、その部分もエキスの抽出時に使用するようにしたとの事。

最近、馬プラセンタサプリメントでもサイタイエキスが成分に含まれている事がプレミアム要素になっている事が多いですが、研究が進むにつれてこういった部分をエキス抽出に使う様になってきてます。
そして、今回の2019年のリニューアルでいよいよサイタイエキスも配合されてまさにプレミアムという名にふさわしいサプリメントになったのではないでしょうか。

新しい研究結果が出てくると同時に製品リニューアルが行われるサプリメント製造会社は実際そんなに多くありませんので、これはとても好感が持てますね。

しかも、結果的にプラセンタの含有量が増えているとなればユーザーとしても嬉しい限りです。

特に同社からはセルセラ・テオラという羊プラセンタの低価格サプリメントも発売されました。
セルセラプレミアムはとことんプレミアム要素を盛り込んで、テオラは導入がしやすいように少しプラセンタエキスの質と量を抑えてカジュアルに、という2枚看板で押していく方針なのかもしれませんね。

従来の物より約30%の低分子化を実現(2017年)

プラセンタは低分子化する事により体内への吸収率がアップしますが、このセルセラもリニューアルの際に低分子化が行われています。
従来品よりも30%の低分子化を実現しており、吸収率もアップしています。

1箱30粒入りが1箱60粒入りに変更。カプセルサイズも従来の1/4に(2017年)

一番の大きな変更点はカプセルが30粒入りから60粒入りになり、大きめだったカプセルがかなり小さくなりました。
サプリメントとしてもかなり大きめのサイズで喉に引っかかる感じが出る人も多かったでしょうし、これは嬉しい変更点ですね。

従来のカプセルの約1/4となっており、1日2粒で30日分となります。

元サプリ販売員から見たこの製品のレビュー・評価

羊プラセンタサプリメントの中では圧倒的な製品クオリティ、その理由は?

世界のセレブも認めた、という言葉の通り1日分450mgという圧倒的な含有量は有無を言わさない説得力があります。
累積販売実績が1000万箱を超えるのもそれだけ愛されてきた製品ならではなのですが、サプリ販売員をしていた私個人としては一ヶ月分20,000円を超える価格帯はやっぱり、誰もが買えるものではないな・・・・と言うのが正直な気持ちです。

羊プラセンタサプリメントはほとんどが高価格帯に属するのですが、このセルセラも標準での購入価格が一ヶ月分(30粒)が21,380円という価格になります。

定期購入コースも設定されていて、初回は6,380円オフ、それ以降が23%オフになるのですが、それでもここ最近のプラセンタサプリメント事情からすると高価格帯である事には違いありません。
特に最近は豚や馬を主体としたプラセンタ製品の低価格化が進んでいるので余計にそれが目立ちます。

しかし、逆にそれでこそ「羊プラセンタ」というブランド力がアップする側面もあります。
国内ブランドの羊プラセンタサプリメントがどんどん減っている中で、一番長く歴史を持ち、そして唯一リニューアルを重ねている「セルセラプレミアム」は元々は「一ヶ月200万円もかかる細胞療法を手軽に自宅で」というコンセプトで開発されたもの。
低価格帯のプラセンタと比べる事がそもそも間違っているのかもしれませんね。

なにより免疫反応が一番少ない羊プラセンタは「プラセンタサプリメントを始めてみたいけど副作用が怖い」という考えの方がチョイスするには最適です。
そして、羊プラセンタ製品の中でも長年の実績があるのはこの「セルセラプレミアム」だけです。
そのメリットを最大限に生かすために、あえて高価格帯であるこのサプリメントを選ぶのも選択肢の1つと言えますね。

特に現在、国内での羊プラセンタサプリメントは種類が少ない事もあり
羊プラセンタのみが非常にたくさん含まれたサプリメント」はこのセルセラ一択と言っても過言ではありません。

プラセンタ注射と比べてはるかに楽な部分

プラセンタを摂取する方法としては「注射」と「サプリメントを飲む」の2つの方法があります。
(当サイトでも「プラセンタの摂取方法」というコンテンツで詳しく取り上げています。)
プラセンタ注射は更年期障害の治療という名目では保険適用になるケースもありますが、回数などの制限があります。
美容目的で行う場合はもちろん保険適用外になりますのでクリニックによっては高額になるケースも。
もちろん即効性がある、という事でプラセンタ注射を取り入れる方も多いですが、実際にプラセンタ注射を行う場合は

  • 保険適用外のために高価である事
  • 献血ができなくなる事
  • 注射なのでもちろん苦痛が伴う事
  • クリニックなどに行くための時間のロスがある事

などのリスクが伴いますので仕事などでなかなか通えないケースも多いでしょう。
仮に週2回、1回3000円のプラセンタ注射を行うと仮定すると、月額24,000円以上の出費が伴いますし時間的ロスも大きいです。
プラセンタサプリメントは馬・豚・羊の他に植物などがありますが、価格はプラセンタの質・含有量に比例します。
同じ額の投資をサプリメントに置き換えるのなら、高価格帯のこのサプリメントを導入するのが良いでしょう。
注射の痛みもなく、時間的ロスもありませんし何よりサプリメントは食品なので副作用がないというのが一番安心です。

CELL CELLAR(セルセラ)のネット上での口コミ・評価

MF3時代のアットコスメ上での評価

コスメの口コミサイトとして有名な「@Cosme(アットコスメ上)」にMF3時代の口コミを8件見つけました。
アットコスメは製品メーカーがまず製品を登録して、そこにユーザーが口コミ・レビューを投稿出来るのですが、MF3の口コミは一番古い物で2009年、そして最新が2016年となっています。

クチコミ投稿しているのは全て女性で30代から40代後半の方々。
概ね評判が良く悪い評価は1つも見当たりませんでした。
内容を抜粋すると主に以下の様な内容です。

  1. これを飲んだ翌朝はハリ、艶を感じる。透き通るような透明感に
  2. 翌朝に二日酔いをしなくなった
  3. 実年齢よりは10才近く若く見られることもある
  4. 3回ほどリピート購入した飲んでいる間は体調もよく肌の調子も良かった

ただ、「粒が大きくて飲みにくい」「コスト的に毎日は辛い」という意見も目立ちました。

ここで少し疑問がわきました。
2014年にセルセラに生まれ変わったはずなのに、なぜMF3の口コミが2016年に投稿されているのかという事です。
実はMF3は現在でも継続して販売されています
但し正規総代理店が現在は株式会社アルファージャパンになっています。

2014年にセルセラが発売された際の販促資料を手に入れました。

この資料を見ると確かに「MF3」は株式会社スカイトップトレーディングが輸入元として記載されています。
2009年にMF3も一度「MF3アドバンス」としてリニューアルされている事がこの資料でわかりますね。
プラセンタ含有量として3oomg×30倍濃縮とパッケージに書かれています。
株式会社アルファージャパンのサイトに掲載されている現在のMF3の画像も2009年と同じ物です。

という事は輸入・販売ライセンスが切れたか何かで自社製造に乗り出した、と見ていいでしょう。
その際にプラセンタ含有量を一気に引き上げたと思われます。

現在、株式会社アルファージャパンで販売されているMF3の価格は27,000円(税込29,160円)となっています。
現行品であるセルセラプレミアムのプラセンタエキス含有量と販売価格を照らし合わせても、MF3はもはや旧製品と見てもかまわないでしょう。
セルセラプレミアムの方がプラセンタエキス含有量は1.5倍になっており、値段も10,000円近く安いです。
「大粒でのみにくい」とされていた形状も現在では1日分が2粒に変更されているので、この点も解消されています。

そして、当サイト経由の公式サイトからは20日分40粒9,720円のトライアルセットが通常の半額の4,860円で購入が可能です。
トライアルセットは初回のみの購入となりますのでご注意ください。

セルセラにリニューアル以降の口コミ・評価・レビューは?

セルセラにリニューアルした2014年以降、アットコスメ上にはレビューが見られなくなりました。
製品自体がアットコスメに登録されておらず、スカイトップトレーディングはアットコスメを利用しない戦略を選んだのでしょう。
そこで「セルセラ 口コミ」などで調査をしてみました。

Amazonには旧セルセラ時代のレビューが数件掲載されていましたが、☆評価は5から3で、2や1の低評価は1つもありませんでした。

  • 常に良い物だと思います。お肌に張がでます。疲れも取れます。お値段は高いですが効果はありますね。
  • 飲みだしてから体の調子が良い気がする。しばらく飲むのをやめるとまた調子が悪いので、このプラセンタカプセルのおかげかも
  • 星を3にしたのは、金額が高く、品質は良いのですが、長続きさせる事が大変なので、減らしました。

と、品質は良いのですが少し値段が高い、というレビューの様ですね。
確かに1月分20000円というのはサプリメントとしては高価格の部類に入るでしょう。
しかし、その反面1月分2000円というサプリメントも存在するというのがこの世界の面白い所です。
この2つが果たして同じ様なクオリティなのか?そんなわけはありません。

20,000円を1ヶ月捻出出来る、という人はきっとプラセンタ注射などの美容目的との比較を考えると思います。

セルセラに関して色々と検索してみた所、良い評価は見るものの悪い評価は見かけない、というのが現状です。
そして、意外にもトライアルセットを使用してみた、というレビュー・口コミもほとんど見かけませんでした。
これはトライアルセットが昨年に発売されたばかり、という事もあるのでしょうけども最初から20000円も払うのはちょっと・・・・という方は20日分を体験出来るトライアルセットから始めるのも良いでしょう。

CELL CELLAR(セルセラ)の製品特徴

元々のこのサプリメントの誕生の経緯はスイスの高級クリニックで行われていたMFⅢという細胞療法の最高セラピー(一ヶ月約200万円という高額治療)を家庭で行える様にという物でした。

その延長線上から生まれたのがMFⅢという羊プラセンタサプリメントでしたが、CELL CELLAR(セルセラ)に切り替わってから1粒8000mgだった含有量が20,000mgまでにアップしました。
2017年5月のリニューアルでは1日分の含有量が22,000mgにまでアップしており、50:1濃縮抽出という方法で22,000mgの胎盤から440mgを抽出して、カプセルの中に閉じ込めています。
そして、2019年7月のリニューアルで22,500mg(原末換算で450mg)にアップしました。

羊プラセンタはヒトのアミノ酸組成に最も似ているためか、免疫反応が少ないのが特徴です。
「始めてみたいけど副作用が怖い」という考えの方がチョイスする場合が多いです。
元々日本国内でサプリメントを販売する場合には「食品」というカテゴリなので、
副作用があってはならないのですが、安心感を求める方には最適なチョイスだと言えるでしょう。

そしてこのセルセラはMF3から続く長い歴史と評価があり、
「プラセンタサプリのロールスロイス」と一部では呼ばれているのにはやっぱり理由があります。
セレブと呼ばれる人達が愛用し、全世界で1000万箱の累積販売実績がそれを物語っています。

他のプラセンタサプリメントと比べてかなり高価な部類に入りますが
「なるべく安全にプラセンタサプリメントを取り入れたい」
「実績・信用とブランドが大事」

という方には安心してオススメ出来るプラセンタサプリメントです。

1日分22,500mg(原末換算で450mg)という圧倒的なプラセンタ含有量

特許技術を用いてプラセンタエキスを抽出

特許技術を用いてプラセンタエキスを抽出

豚や馬の胎盤が使われる事の多いプラセンタサプリメントですが、羊プラセンタはアミノ酸組成が人間の物にかなり近いので、豚プラセンタや馬プラセンタに比べて免疫反応・アレルギー反応が低いのが特長です。
それに加えて肌への浸透力がとても強く、効果が出やすいので高い評価を受けています。

CELL CELLAR(セルセラ)羊プラセンタカプセルはニュージーランド産の羊由来のプラセンタを使用しており、なんと1日分22,500mg(原末換算で450mg)という圧倒的含有量を実現しています。
これは国内で流通しているプラセンタサプリメントの中でも群を抜いています。

安心のニュージーランド産の羊プラセンタを使用

BSEが未だ発生していないニュージーランドの羊

BSEが未だ発生していないニュージーランドの羊

ニュージーランドは今まで一度もBSE(狂牛病)が発生していない国で、そこで特別に飼育された羊から特殊製法で抽出された高純度のプラセンタをカプセルに収めています。
また、カプセルには魚成分から作られたソフトゼラチンを使用しており、吸収力を高める様に胃ではなく腸で溶けるように設計されています。

ニュージーランドは医療目的に利用される動物に対して、餌や生育環境などを厳しく管理して一頭毎に認定書を発行している為に、品質には問題はありません。
そして同じような厳しい基準で運営されているニュージーランドの工場で製造・パッケージングを行っています。

他のサプリメントと比べて高価な理由は?

セルセラは他社製品と比べて高価な部類に入るサプリメントですが、それは製法が他社と違った抽出方法を取っているからだと思われます。

細胞を培養してから限外濾過(コトバンク)による抽出の後、カプセルに収める特許を取得しており、これにより22,500mgからの濃縮抽出を可能にしているのでしょう。

これにより原末換算での1日分450mgのプラセンタ含有量を実現しているので通常のフリーズドライ方法を用いて生産されている他社製品に比べて高価になっています。

他社製品とのアミノ酸量の比較グラフが公式サイトに掲載されています。

cell003

各アミノ酸の含有量が一般的な他社製品(但し比較対象は豚プラセンタ)に比べてかなり多いのがわかります。

CELL CELLAR(セルセラ)をお試し、そして安く買うには

セルセラはAmazonそして楽天市場などでも取り扱っており購入するのはとても簡単ですが、ここでどうやって買えばお得なのかをナビしてみます。

初回購入に限り3箱セットまで全額返金!

初回購入の人に限りますが、3箱セットまでは無期限全額返金制度が使えます。

返金の際に必要な手続きは、

  • 空になった商品シート
  • 納品書
  • 記入済み返金アンケート用紙

を郵送するだけです。

Amazonや楽天ショップ、各種ネットショップ経由だと各ポイントなどがある場合にはその分安く買えますが、これから導入してみようという人にとっては公式サイト経由が一番安く買えますのでオススメです。

定期購入コースは初回の価格が6,380円引きの一箱15,000円、2回目以降は16,500円になりますがいつでも解約・休止が可能という事なので、初回の6,380円引きで購入してすぐに解約・休止すれば安く買うことも出来ますね。

そして2019年1月に販売が終了した20日分40粒のトライアルセット(お試しセット)が2019年5月より再発売になっています。
標準価格9,720円のトライアルセットですが当サイト経由での購入だと半額の4,860円の特別価格で購入出来ます。

詳しくはCellCellar(セルセラ)の公式サイトをご覧下さい。


2019年12月のおすすめプラセンタサプリメントランキング

当サイト「プラセンタの世界」は紹介している全ての製品の中から、元サプリ販売員として見た成分・使用した感想・ネットでの口コミや評価などから判断して随時おすすめプラセンタサプリメントランキングを更新しています。

プラセンタサプリメント選びの参考になれば幸いです。

1位:日本メディカル研究所「Bp300」

[美容目的・含有量全てとプレミアム要素を求める方に]

海外産サラブレッド由来の馬プラセンタエキスを1日分に300mgも含んでおり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸やデルマタン硫酸、そしてヨーグルト3箱分の乳酸菌など合計17種類の美容成分も含んだ総合美容サプリ!通常価格12,600円(一箱)が初回限定4,000円!

>>Bp300の製品レビューページはこちら

2位:株式会社スカイトップトレーディング「セルセラプレミアム」

[羊プラセンタサプリの最上級を求める方に]

世界のセレブから評価された伝説の羊プラセンタサプリ「MFⅢ」の進化版!1粒なんと450mgの羊プラセンタエキスのみをカプセルに詰めた最高級のプラセンタサプリメントです。一箱21,380円(30日分)の高価格帯サプリメントですが20日分のトライアルセット(20日分9,720円)が当サイト経由での購入だと半額の4,860円で購入が可能です!

>>羊プラセンタ「セルセラプレミアム」の製品レビューページはこちら

3位:サン・クラルテ製薬「プラセンタの泉360」

[1日分のプラセンタ含有量と「国産」である事にこだわる方に]

2017年4月に製品リニューアル!北海道産馬由来の馬プラセンタエキスを1日分360mgも含んでおり、プロテオグリカン、フィッシュコラーゲンや今話題の乳酸菌などの美容成分を含んで1日分120円以下という価格を実現した新製品です。定期購入コースの初回限定価格が一袋(62粒入り)なんと1,980円!

>>プラセンタの泉360の製品レビューページはこちら

ページ上部へ戻る