元サプリ販売員が豚プラセンタサプリ「プラセンタ100」を徹底レビュー

美肌ステファニーシリーズで有名な銀座ステファニー化粧品株式会社が販売する唯一のサプリメント「プラセンタ100」は、豚プラセンタ由来のサプリメントです。

「プラセンタ97」(発売当初はプラセンタエキス末97%濃度だった)として発売されたのが2003年4月。
そして2年後の2005年6月に「プラセンタ100」としてリニューアルしてから11年という長い歴史を持つプラセンタサプリメントで、@cosme(アットコスメ)などでも600件以上の口コミレビューがありますが、元サプリ販売員として冷静にレビューしてみたいと思います。

元サプリ販売員から見たこの製品のレビュー・評価

50倍濃縮豚プラセンタを1粒180mg(原液換算9,000mg)配合している

プラセンタの場合、配合量の表記に決められたルールがないので少しややこしいのですが、この製品の場合は胎盤から取りだした9,000mgのプラセンタ原液(エキス)から水分、不純物などを取り除いて180mgの原末(粉末)プラセンタにした、という意味になります。

公式サイトではレギュラーサイズが100粒として販売されており、1日目安が4粒と記載されていますがここは3粒で換算します。

180mg×3で1日540mgのプラセンタ原末、そして原液換算9,000mg×3の27,000mgが1日分のプラセンタ摂取量になるので豚プラセンタサプリメントの中で比較すると高めの含有量となっています。

当サイトで紹介している中での豚プラセンタサプリメントで1日分の含有量が一番高いのは、ヒロソフィー社の「神のプラセンタ」ですが、そちらは1粒250mgの豚プラセンタ原末配合が120粒で通常価格9,800円でこの「プラセンタ100」よりはかなり安くなっています。
(ただし神のプラセンタはプラセンタエキスのみの配合)

このプラセンタ100はプラセンタエキスの他に

  • ビタミンE(αトコフェロール)
  • DHA
  • EPA
  • 亜麻仁油
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12

の成分が配合されていて、通常価格が100粒11,880円(税込)となっています。
なので、当サイトでは「総合美容サプリ」という認識になりますが価格帯としては高めの部類です。

豚プラセンタに関しては原料の差で価格差がかなり開く傾向になりますが、株式会社バイオ・サプリの「プラセンタ・ビューティアップ」は90粒で通常価格2,700円という価格で販売されていますので、正直な所わかりにくいですね。

プラセンタ含有量だけを比べてみるとこの製品に関しては含有量はそれほど突出したセールスポイントではない、というのが個人的な感想です。

豚プラセンタの原料が国産ではない

安価に販売出来るという事はもちろん原価も安いからですが、この製品はデンマーク産の豚の胎盤が使われています。
豚は育てられる環境にもよりますが、感染症のリスクが高くやはり国産でSPF認定(感染症がない豚)が欲しい所です。

この価格帯でたとえば国産豚とかなら納得なんですけどね。。

馬プラセンタサプリメントとの比較と価格のバランス

豚プラセンタのサプリメントで懸念されるのはめまいや頭痛、湿疹等の軽度の副作用が報告されていると言う事です。

当サイトは馬プラセンタがやはりオススメという結論を出していますが、馬、羊、豚プラセンタの中で最もアミノ酸含有量が高いと言われる馬プラセンタは現在では価格もこなれてきており、このサイトでオススメしている上位3つも全て馬プラセンタサプリメントです。

1粒250mg+美容成分を含む「優駿プラセンタ」や、1粒200mgで30粒2,500円という安さを実現している「Tp200 Next」、そして300mg+17種類の豊富な美容成分と乳酸菌を配合している総合美容サプリメントの「Bp300」など人気商品のすべてが馬プラセンタサプリメントなのですが、この製品と競合するのはやはり同じ1ヶ月分で2,500円をサラブレッド原料で実現している「Tp200 Next」でしょう。

アミノ酸含有量が豚、羊に比べて1.2倍。
国内産で安心の馬プラセンタサプリメントを選ぶのが当サイトのオススメですね。

定期購入初回限定価格が83%オフの1,980円で提供されている

定期購入コースとして「とくとくコース」が設定されていますが、これは定期購入コースに加入すると初回が83%オフの1,980円(税込。100粒入り)で、それ以降は33%オフの7,980円(税込)になります。
送料は無料ですが、支払いはクレジットカードのみ。解約も次の商品が届く1週間前に電話すればOKです。

定期購入価格を比較すると先ほど書いた「神のプラセンタ」よりは2000円近く安くなりますので、
含有量と価格のバランスという観点から見ると、この製品を使う場合は必ず定期購入コースに加入するのが良いでしょう。

歴史があるサプリメントであるが故にYahoo!ショッピングや楽天、Amazonでも多数販売されていますが
Amazonプライム対応で定期購入コースの7,980円を下回る5,890円で販売されていますね。

仮にAmazonプライム会員の人が一番安く買い続けるには、公式サイトで定期購入コースに加入して初回限定の1,980円の特典を取った後、解約してからAmazonで買った方がいいのかもしれません。

詳しい定期購入コースの価格や詳細の製品情報は「プラセンタ100」の公式サイトでご覧下さい。


2018年5月のおすすめプラセンタサプリメントランキング

当サイト「プラセンタの世界」は紹介している全ての製品の中から、元サプリ販売員として見た成分・使用した感想・ネットでの口コミや評価などから判断して随時おすすめプラセンタサプリメントランキングを更新しています。

プラセンタサプリメント選びの参考になれば幸いです。

1位:日本メディカル研究所「Bp300」

Bp300

[美容目的・含有量全てとプレミアム要素を求める方に]

オーストラリア・ニュージーランド産サラブレッド由来の馬プラセンタエキスを1日分に300mgも含んでおり、肌成分であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸やデルマタン硫酸等の美容成分、そしてヨーグルト3箱分の乳酸菌まで盛り込んだプレミアムプラセンタ製品です。

>>Bp300の製品レビューページはこちら

2位:サン・クラルテ製薬「プラセンタの泉360」

プラセンタの泉360

[1日分のプラセンタ含有量と「国産」である事にこだわる方に]

2017年4月に製品リニューアル!北海道産馬由来の馬プラセンタエキスを1日分360mgも含んでおり、プロテオグリカン、フィッシュコラーゲンや今話題の乳酸菌などの美容成分までも含んで1日分120円以下という価格を実現した新製品です。

>>プラセンタの泉360の製品レビューページはこちら

3位:日本メディカル研究所「Tp200 Next」

TP200

[安心安全なプラセンタエキスのみのサプリをとにかく安く!という方に]

オーストラリア・ニュージーランド産の馬プラセンタエキスのみを1粒に200mg含んだサプリメントで、初回トライアルの値段のまま(1粒83円)で定期購入コースに移行出来る圧倒的コストパフォーマンスの高さが魅力のプラセンタサプリメントです。

>>馬プラセンタTp200 Nextの製品レビューページはこちら

ページ上部へ戻る