豆知識:大豆イソフラボンの効果・効能

イソフラボンは健康ブームに乗って過去数度にわたり話題になっている美容成分ですが、当サイトで紹介している「プラセンタ」の摂取目的ととても近い位置にあると言えます。
そんなイソフラボンがどんな物なのかを項目に分けて紹介してみます。

イソフラボンの効果・効能

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た成分を持っている事から、女性ホルモン不足で引き起こす症状で悩んでいる人々には特に有効だと言えます。

特に30代後半からの女性にとっては下記の症状・病気は深刻な悩みです。

  • 更年期障害の各症状(身体のほてり・発汗・不眠・耳鳴り・頻尿・肩こり・倦怠感など)
  • 骨粗しょう症
  • 乳がん・前立腺がん・子宮がん

などはホルモン不足が引き金になって起こる事が多い症状ですが、イソフラボンは研究の結果これらのリスクを下げる効果がある事がわかっています。

美容という側面から見ても女性ホルモンのエストロゲンが増えるという事は、女性らしさをアップさせ保つという効果もあるので、美肌(保湿性向上、美白)などの美容効果や、生理不順の改善や豊胸効果(バストアップ)などの効果も期待出来ます。

そして、プラセンタの効果・効能は下記です。

  • 肝臓の働きを高める
  • 自律神経、ホルモンバランスの調整
  • 病気への抵抗力を高める
  • 抗アレルギー作用がある
  • 抗炎症作用
  • 代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化
  • 組織修復作用
  • 活性酸素を除去

など、プラセンタとイソフラボンはとても共通しているものがあります。
美しい肌を作り、ガンのリスクを下げ、生活習慣病を防ぐという目的にはとても合致しています。

あとイソフラボンには善玉コレステロールのHDLコレステロールを増やし、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールをを減らす作用がある事もわかっており、動脈硬化防止にも役立ちます。

イソフラボンとは?

イソフラボンはポリフェノールの一種

イソフラボンはポリフェノールの一種

イソフラボン類は、ワインなどに含まれていると話題になったポリフェノールの分類の1つ。

ポリフェノールの種類は5000以上あり、そのどれもに共通するのが「抗菌・抗酸化作用」です。

お茶の苦みの成分であるカテキン、そしてぶどう色素などの元となるアントシアニンなど美容・健康の世界では非常に目にすることが多いポリフェノール類ですが、イソフラボンは大豆など豆類に多く含まれています。

女性ホルモンと似た働きをします

イソフラボンはふくよかな身体つきや美しい肌を作る女性ホルモンの一つであるエストロゲンとよく似た成分を持ち、また同じような働きを持っています。

加齢により女性ホルモンの分泌量が減っていくと肌の張りを担うコラーゲンや肌の瑞々しさを担うヒアルロン酸の分泌量も減っていきます。

それに伴い、意識的に食物などからイソフラボンを摂取して、女性ホルモンの総量をアップしていくことは美容・健康を心がけるためにはとても理にかなっています。

イソフラボンが多く含まれる食品

イソフラボンが多く含まれ、そして簡単に入手出来る食品はなんといっても大豆、および大豆加工食品です。
大豆加工食品は醤油や味噌、豆腐など多岐に渡っていますが大豆からの加工の手間が多いとそれだけイソフラボンの含有量が減っていくのは仕方ありません。
きな粉などは加工工程が最も少ないのでイソフラボンが多く含まれていますが、毎日の食事に取り入れるのはかなり意識しないと難しいので、イソフラボンサプリメントがブームになっているのでしょう。
大豆に含まれるイソフラボンの中で糖部分が分離したものをアグリコン型と呼ばれており、多くのサプリメントはこのイソフラボンアグリコンを配合している物がほとんどです。

イソフラボンの摂取上限について

理想とされている摂取量は40mg~50mg。
これは豆腐なら半丁、納豆なら1パック、きな粉なら約20g(大さじ約2)に該当する分量です。
多めに摂取しても体外に排出されるのですが、中国で男性が大量(1日1リットル)の豆乳を飲み続けてバストがCカップにまで成長したというニュースもネットでは確認されており、やっぱり度を超した摂取はなんらかのアクシデントが発生する可能性もあります。
(この男性はエストロゲン値だけが異常値を示していたそうです)

食品安全委員会はサプリメントでの摂取を1日30mgと定めています。

プラセンタとイソフラボンを同時に摂取できるサプリメント

当サイトではプラセンタサプリメントのみを紹介していますが、
その中でイソフラボンを含むプラセンタサプリメントは「優駿プラセンタ」のみです。

この「優駿プラセンタ」は当サイトでも紹介しているプラセンタサプリメントで私もこのサプリメントを愛用しています。

このサプリメントは北海道産のサラブレッドのみから取れた馬由来プラセンタエキスを1粒250mgという他社と比べて圧倒的含有量を実現しており、また同時にイソフラボンアグリコンを1粒1.65mgも配合してるおり、アンチエイジングと更年期障害の各症状に悩んでいる方に取ってはオールインワンの製品と言っても過言ではありません。

当サイトの優駿プラセンタのレビューはこちら。


2018年8月のおすすめプラセンタサプリメントランキング

当サイト「プラセンタの世界」は紹介している全ての製品の中から、元サプリ販売員として見た成分・使用した感想・ネットでの口コミや評価などから判断して随時おすすめプラセンタサプリメントランキングを更新しています。

プラセンタサプリメント選びの参考になれば幸いです。

1位:日本メディカル研究所「Bp300」

[美容目的・含有量全てとプレミアム要素を求める方に]

海外産サラブレッド由来の馬プラセンタエキスを1日分に300mgも含んでおり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸やデルマタン硫酸、そしてヨーグルト3箱分の乳酸菌など合計17種類の美容成分も含んだ総合美容サプリ!通常価格12,600円(一箱)が初回限定4,000円!

>>Bp300の製品レビューページはこちら

2位:サン・クラルテ製薬「プラセンタの泉360」

[1日分のプラセンタ含有量と「国産」である事にこだわる方に]

2017年4月に製品リニューアル!北海道産馬由来の馬プラセンタエキスを1日分360mgも含んでおり、プロテオグリカン、フィッシュコラーゲンや今話題の乳酸菌などの美容成分を含んで1日分120円以下という価格を実現した新製品です。定期購入コースの初回限定価格が一袋(62粒入り)なんと1,980円!

>>プラセンタの泉360の製品レビューページはこちら

3位:日本メディカル研究所「Tp200 Next」

[安心安全なプラセンタエキスのみのサプリをとにかく安く!という方に]

オーストラリア・ニュージーランド産の馬プラセンタエキスのみを1粒に200mg含んだサプリメントで、初回トライアル価格2,500円(一箱)のまま(1粒83円)で定期購入コースに移行出来る圧倒的コストパフォーマンスの高さが魅力のプラセンタサプリメントです。馬プラセンタエキスのみを安くたくさん取り入れたい人にはイチオシ!

>>馬プラセンタTp200 Nextの製品レビューページはこちら

ページ上部へ戻る